YouTube有料化はいつ!?影響は?今後無料で見れなくなる?

【スポンサーリンク】
こんにちは、pontaです。     衝撃です! 世界最大の動画共有サービスYouTubeが、 有料化になるという話が飛び込んでまいりました!   それは...

こんにちは、pontaです。

 

 

衝撃です!
世界最大の動画共有サービスYouTubeが、
有料化になるという話が飛び込んでまいりました!

 

それはいつかというと、2015年年末までにとのことです!

 

 

YouTube00

(http://www.webdemo.jp/?p=1199)

 

 

今ままでにも散々YouTubeの有料化は噂されてきましたが、
今回はちょっとワケが違うようです。

 

 

多くのユーザーを抱え、またネットビジネスにおいても
大活躍のYouTube、

有料化による影響は?

 

 

さっそく調べてみました。

 

 

YouTube有料化の情報源は?

 

今回のYouTube有料化の情報は、
インターネット通信の

 

 

The Verge

 

 

が報じたものです。

 

 

このThe Vergeとは、新興メディアテクノロジー企業

「Vox Media」

の運営するテックメディア「The Verge」のことで、
2011年立ち上げと、まだ若い会社です。

 

 

しかし、初となるゲストエディターとして、かの

 

 

ビル・ゲイツ

 

 

を招聘するなど、

活発な動きを見せている気鋭のメディアです。

 

 

PN2009100101000319_-_-_CI0003

(http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100101000294....)

 

 

この今勢いのあるThe Vergeからの情報ということで、
注目を浴びているのです。

 

 

YouTube有料化の内容は?

 

気になるのはYouTubeがどのように
有料化されるのかという部分です。

 

 

視聴するだけで有料なのか?
動画アップすることが有料なのか?

 

 

現在ネットビジネスにおいて、拡大市場となっている
YouTubeの有料化規制は、ネットビジネスを営む
多くの人々のもっとも気になる点だと思われます。

 

 

少しでも不安が払拭できるよう、
情報を下記にまとめます。

 

 

 

The Vergeによると、

まず今回の有料サービス化は、

 

閲覧回数の高いコンテンツの製作者

 

に向けられたものとのことです。

 

 

閲覧回数の高い動画の製作者の動画を有料化することで、
有料登録を済ませたユーザーのみが、
動画にアクセスできるようになるとのことです。

 

 

こうした動画製作者は、
YouTubeが動画閲覧の登録者から受け取った資金から
一定のパーセントを受け取れるようになるとのこと。

 

mouke2

(http://taiki01.com/net-2-430)

 

 

こうすることで動画製作者も広告費ではなく、
閲覧者から直接的に収入を得られるようになるという、
つまり、YouTubeアドセンスのクリックだけでなく、
有料登録者からのキャッシュポイントという、
別のキャッシュフローを構築することが
できるようになるとのことです!

 

 

ちなみに、有料登録を済ませたユーザーは、

 

・広告なしのビデオを閲覧できる
・インターネット回線をつながない
オフライン状態でも動画視聴可
・アクセスが禁じられている有料コンテンツへのアクセス可

【スポンサーリンク】

 

という、メリットがつくそうです。

 

 

これだけみると、
YouTubeがよりネットビジネスよりのサービスを
拡大したというように見えますね!

 

 

YouTube有料化のメリット・デメリット

 

このYouTubeの有料化については、
前項でも記述したように、よりビジネスライク
方向性に向かっているものと思われます。

 

 

しかし、この有料サービスを恩恵を受けれるのは、

 

現在YouTubeネットビジネスで成功している人だけ

 

のようにも思えます。

 

 

有料化における

メリット・デメリットをまとめてみました。

 

 

 

~メリット~

 

・チャンネル登録者の多い製作者は、
新たなキャッシュポイントを得て、
莫大な収入につなげることができる。

 

・限定的な映像で、よりコアなユーザーを獲得できる。

 

・YouTube自体も儲かり、更なるサービス展開に繋がられる。


~デメリット~

 

・一般視聴ユーザーにとって、
制限コンテンツが増えると利用しにくくなる。

 

・登録ユーザー数の少ない製作者にとって、
有料化ユーザーの獲得が更なるネットビジネスの壁になる。

 

・アダルトコンテンツが蔓延する可能性がある。

 

・続きは有料チャンネルで等の促しが増える。

 

・ヒカキンさん等の人気ユーチューバーが利用すると、
有料登録しにくい小中学生たちが悲しむ。

 

 

など、まだまだあるかと思いますが、
デメリットのほうが圧倒的に多いように感じます。

 

 

YouTubeの魅力とは?

 

YouTubeの魅力は、

 

 

誰でも気軽に見ることができるコンテンツ

 

 

という部分だと思います。

 

 

Youtube

(http://xn--48s3o343d.jp.net/36)

 

 

 

親が子ともに魅せる際も、
アダルトコンテンツがないということで、
比較的他の動画共有サイトと比べ、
安心してみせることができます。

 

 

今回の有料ニュースは、このような
YouTubeの魅力を自ら削っていってしまう
ような印象を受けてなりません。

 

 

Yahooに次ぐ検索サイトとして、
ここ1,2年で急激にネットビジネス市場として
注目を浴びてきたYouTubeですが、
あまりビジネスライクに方向に進んでいくのは
個人的には歓迎できません。

 

 

コンテンツ製作者も大事でしょうが、
純粋に動画を楽しんでいる一般ユーザーの
キモチも今一度見直す必要があるように感じますね!

 

でわでわ

 

【スポンサーリンク】
PREV:【失言】森喜朗「えらい目に遭った」!過去の失言もまとめて公開!
NEXT:4Kスマホ、ソニーから登場!発売日はいつ?価格や性能は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です